NewスーパーMのオープン価格

従来のエアータオルの乾燥機能に加え、除菌機能がプラスされた殺菌エアータオル「newスーパーm」。飲食店や食品工場、ホテル・旅館や医療機関などで活躍しています。

「コロナウイルスの影響も気になるし、コストが見合えば導入してみてもいいかな」と考えているのではないですか?

しかし、手指殺菌装置「newスーパーm」はオープン価格なので、ネットで検索しても具体的な料金がなかなか分かりません。

「問い合わせる前に、せめて大まかな値ごろ感くらいは掴んでおきたい」というあなたのために「だいたいこれくらいの価格を見ておくといいよ」という内容をまとめてみました。

newスーパーmの価格(初期費用)は「本体代」+「施工代」+「オプション料金」の合計になります。

初期費用は、本体+施工代でざっくり20万円前後がかかってくると考えておきましょう。

一見高く感じるかもしれませんが、一度導入してしまえば、ランニングコストは電気代(月額 約54〜91円)のみとなります。

消毒用のアルコール代・ペーパータオル代・それらを管理する人件費などを考えると、実は「newスーパーm」はコスト削減に繋がる場合も少なくありません!

ペーパータオルと月額コストを比較すると、なんとコスト削減率は97%にもなるという試算も出ています。

価格についての詳細や設置工事が必要かどうかなど、まずは問い合わせてみるのがオススメです。

\ 無料相談、資料請求、お申し込みはこちら /

手指殺菌装置「newスーパーm」の価格はなぜ明記されてない?

殺菌エアータオルのnewスーパーm、価格が知りたいのに検索しても「具体的にいくら」と書かれていなくてもどかしい!と感じますよね。

なぜ明かされていないかというと、newスーパーmがオープン価格を採用しているからです。

オープン価格(オープンかかく)とは、販売する商品に対してメーカー側が希望小売価格を具体的に定めていないものである。

家電製品、カメラなどの耐久消費財に多く導入されている。

引用:ウィキペディア

オープン価格を採用している場合、販売店が自由に価格を付けられる代わりに、定価やメーカー小売価格を表示することができないのです。

newスーパーmの値段は?初期費用はだいたいどれ位かかる?

newスーパーmは「オープン価格」だから明確な価格が表記されていないのは仕方がないのは分かりました。

とはいえ、価格(初期費用)が1万円なのか、10万円なのか、50万円なのか、まったく見当も付かないのでは、困ってしまいますよね?

newスーパーmがどんなに優れた手指殺菌装置だとしても、価格やコストがまったく分からないのでは導入を検討することもできません。

というわけで、かなりざっくりとした大まかな値ごろ感を調べてみました。

newスーパーmの超ざっくりな初期費用

  • 本体代:だいたい18万円くらい〜
  • 施工代:だいたい2万5千円くらい〜
  • オプション(塗装など):だいたい1万5千円くらい〜

だいたい初期費用は20万円前後と考えて、導入を検討するとよいのではないでしょうか。

実際には、取り付け場所やオプションの有無などによって価格は変わってきますので、詳細な価格は販売店へ問い合わせてくださいね!

\ 無料相談、資料請求、お申し込みはこちら /

従来のエアータオルより高価なのにnewスーパーmが人気の理由

従来のエアータオルと比較すると、かなり高価といえるnewスーパーmですが、3,5000社以上の企業や施設で導入されています!

その理由は、以下の3つの理由が考えられます。

  • コスト削減につながる
  • 10秒で99%の強力な除菌効果
  • スタッフの負担軽減につながる

順番に見ていきましょう。

newスーパーmの導入後は電気代だけ。コスト削減に繋がる

「newスーパーm、コロナウイルス対策にもなるし、導入してみたいけれど思ったより価格が高いかも」と感じたかもしれません。

しかし、newスーパーmは1度導入してしまえば、その後は月額約54〜91円の電気代のみ

圧倒的にランニングコストが安いのです!

newスーパーmを導入することで、例えば以下のようなコストを削減することができます

  • アルコール消毒代
  • ペーパータオル代
  • ゴミ袋代
  • 補充・管理するための人件費

医療機関や飲食業界の職場では、1日に何度も手洗いや消毒を繰り返すはずです。

newスーパーmを導入することで、手洗い・消毒に必要なコストの削減に繋がる場合も少なくありません。

ペーパータオルの使用量を1日100枚、電気代を25円kwhとして、ペーパータオルとnewスーパーmのコストを比較した場合、newスーパーmのコスト削減率は97%になるという試算も出ています!

実際に、飲食店や食品工場、ホテル・旅館や医療機関、介護施設など35,000社もの導入実績がありますよ。

99%の強力な除菌効果

newスーパーmの人気の秘密は、除菌99%の強力な除菌効果にあります。

従来のエアータオルは風によって菌をまき散らしてしまうため、コロナウイルスの流行以来、使われなくなっていますよね。

newスーパーmは、乾燥機能に加え、除菌機能を備えたエアータオル。ドライヤーというより、手指除菌装置ともいえる商品です。

  • 131℃の熱風
  • 除菌ランプ

ダブルの除菌機能によって、99%の強力な除菌効果を発揮します。

除菌ランプとは、安全な紫外線です。手指を除菌するのはもちろん、周辺10mの除菌にまで効果を発揮してくれる商品なのです。

  • コロナウイルス
  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • O-157
  • カンピロバクター
  • サルモネラ菌
  • インフルエンザ

などに効果を発揮します。

厚生労働省指定機関の検査も受けており、HACCPにも対応しているため、高価であっても導入する機関が増えているのですね。

アルコール消毒に比べて、スタッフへの負担軽減に繋がる

医療機関、介護施設、飲食業など、1日に何度も手洗いと消毒を繰り返す職場はたくさんあります。

アルコール消毒は独特の臭いもありますし、何度も消毒を繰り返すことで手肌や爪が荒れてしまいますよね。

繰り返す消毒は、スタッフにとって些細ながらも地味にストレスとなるもの。スタッフの定着率にも影響しているかもしれません。

newスーパーmは、手洗い後に10秒間、熱風にかざすだけなので、アルコール消毒に比べてスタッフの負担を軽減することもできると考えらます。

また、newスーパーmはフィルタ交換などもなく、メンテナンスが楽な点も見逃せません。

消毒液やペーパータオルを補充・管理したり、ペーパータオルのゴミを捨てに行ったりといった、スタッフの業務を軽減することもできます。

newスーパーmの導入はこんな場合にオススメ

殺菌エアータオル「newスーパーm」は、以下のような場合にオススメです。

  • 医療機関・飲食店・食品工場など、手洗い&消毒を繰り返す職場
  • 毒液以外のウイルス対策を導入したい
  • 消毒液やペーパータオル等のコスト削減に取り組みたい
  • 職場環境の改善に積極的に取り組みたい

また、オプションを導入することで、施設や店舗の雰囲気に合ったカラーリングにすることも可能です。

木目調や大理石調など、高級感のある雰囲気に仕上げることもできるので、相談してみてくださいね。

殺菌エアータオル「newスーパーm」の価格(導入費用)まとめ

殺菌エアータオル「newスーパーm」はオープン価格となっており、設置工事の有無やオプションによっても価格が変わってきます。

大まかな導入費用としては、20万円前後を考えておけばよいでしょう。

従来のエアータオルと比較すると割高ですが、導入することでコスト削減に繋がる点を見逃してはいけません。

厚生労働省指定機関の検査も受けた、99%の高い除菌効果も人気の理由です。

導入に関する疑問や正確な導入費用は、販売店に問い合わせてくださいね!

\ 無料相談、資料請求、お申し込みはこちら /

© 2021 手指殺菌装置【newスーパーm】の価格は?大まかな値段が知りたい人へ